カテゴリー別アーカイブ: 健康

凝ってるだと…

昨日友達とご飯に行っていてノリでマッサージ行かない?ってなったので人生で初めてマッサージ受けに行って来ました。

写真は撮り忘れ一枚もないので今回は文章でマッサージの気持ちよさを伝えたいと思います笑(無理かもw)

今回行ったのは錦糸町にある「リラクゼ」さん

http://www.relaxe.jp/shop/kinshicho/

僕は昔からコリというのを感じたことがなくて体なんか凝ってるわけないだろ!

と思ってました笑

でも実際マッサージをやられていくと激痛の嵐wwww

そしてこれは教えていただいたんですが、押して痛いのは第1段階

押してくすぐったくなったら第二段階、何もせず痛いのは最終段階らしいです。

ちなみに僕は部位によっては結構くすぐったくなる場所もちらほら、、、、、、、

まさか自分がこんなに体を酷使していたなんて…

驚愕の事実でした…

あと現代人に多いのが首のコリ。

スマホを見る習慣だったり長時間のデスクワークが原因で首の筋肉がめちゃくちゃコリやすくなっているみたいですよ!

ちなみに僕もがっつり凝ってました笑

30分コースだったんですがあっという間に終了

終わった後は体の力が無意識に抜けている感じ。

いつもよりだらーんとして体が軽かったです

まだ若いから大丈夫と思っていましたが知らない間に体は疲れていたんですね…

マッサージ行かなきゃ気づかなかった。

これを機に定期的にマッサージ行こうと思いましたね笑

よかったらみなさんもマッサージ行ってみてはどうでしょう?

広告

冬は心臓の病気が増えるので注意しましょう

こんにちは!

だんだん寒くなってきて冬を感じてきました。

医療現場では冬になると緊急の患者さんが増えてきます。

冬は寒く室内外の温度差などで血圧の変動が起きやすいんです。

それによって心臓に関する病気が起きやすくなります。

特に、心筋梗塞や狭心症など心臓の血管が詰まり心臓がダメになってしまうような病気が増えてきます。

これを防ぐには日頃の習慣を改めるのが1番なのですが、今からではなかなか難しいと思うので血圧の上がり下がりを出来るだけ抑えることを意識しましょう!

家の中で注意して欲しいのは脱衣所

脱衣所は服を脱いだり、お風呂上がりで1番血圧の上がり下がりが起きやすい場所です。

なので事前に脱衣所を温めておくとか、お風呂で体をしっかりと拭いてから出るなど出来るだけ寒く感じないような工夫をしたほうがいいです。

治療に何百万も使うより毎日小さいことを0円で続ける方がコストもかからないですし、なんせ体にも負担がかからないのでやって欲しいです!

病気の予防って食生活以外にもできることがあるのでコツコツとやっていくと結局は自分のためになるんです。

よかったらご参考にしてみてください!

僕のtwitterでは女性の悩みなどをつぶやいています。

@Hairsugawara

https://mobile.twitter.com/hairsugawara

インスタではスキンケアやヘアセット動画をメインに更新しています。

https://www.instagram.com/hairsugawara/

この2つぜひフォローお願いします!

病は気から

こんにちは…

最近職場で風邪が流行っていて、僕はピンピンしていたんですが、今日まさかの

風邪引きました…











しかも前回とは違い油断するとやばそうな感じ

ほんとはセミナーのこと書こうと思ったんですが、すぐ寝ようと思うのでまた明日以降投稿しようと思います…

皆さんも体調にはお気をつけて

しっかり休んで明日から復活します

ニキビのできた場所で不調な臓器がわかります。

思春期の人から大人まで悩まされるのがニキビ

ニキビができる理由としては体の老廃物を外に出そうという体の働きで顔にニキビで出てきます。

そんなニキビですが、顔に出る場所でどこの臓器が疲れているかわかるんです!

  • 額にできた場合

おでこにニキビができたときは大腸などの消化器官に問題があるかもしれません。

食生活が乱れていたり、便秘だったりすると腸が疲れてしまい、おでこあたりにニキビができてしまうのでしょう。

  • こめかみにできた場合

こめかみあたりにできたときは肺や肝臓が疲れてしまっている可能性があります。

肝臓は解毒作用や食べ物の代謝(分解)機能を持っているので無理な食事、お酒の飲み過ぎが原因になりニキビとして現れる時があります。

肺が疲れるとは、汚い空気を吸うとかイライラしたして呼吸が浅くなったりすると肺が疲れてしまいます。

  • 頬にできる場合

頬は呼吸器、肝臓、心の乱れなどによって現れます。

呼吸器は気管支や鼻などです。

肝臓と心はアルコールの取りすぎによって疲れてしまい、ニキビとして出てきます。

  • あごにできる場合

ホルモンや胃です。

ホルモンバランスが(生理など)崩れたり重い食事を取りすぎたりして胃に負担がかかってしまうとあごらへんにニキビができてしまいます。

いかがだったでしょうか。

ニキビは肌のトラブルだけが原因ではないんです。

ニキビまできたら意識的に見てみてはどうでしょう?笑

水道水に含まれる塩素が体に与える影響

みなさん水道水は飲んだり料理に使ったりしてますか?

最近では浄水器を使うのが当たり前な時代になってますよね!

でもなんで浄水器使ってるんですか?

よくわからずなんだか水道水は体に悪そうだからという理由で使ってませんか?笑

こんな言い方すると浄水器反対!と思われるかもしれませんが、むしろ大賛成派です笑

日本の水道水の多くは川から汲み上げられています。ヨーロッパなどでは地下水から汲み上げているので塩素が少ないのですが、日本は川の水で汚いので他の国より塩素濃度が高くなっています。

。そんな塩素ですが、濃いと肌を乾燥させるなど肌トラブルになることがあります。

これは肌の常在菌も殺菌してしまうので肌のバリア機能が衰えてしまうんです。

なので肌が弱い人、肌を綺麗にしたいと思ってる人は絶対浄水器使った方がいいですよ!

風邪をひかないために&ひきはじめに効果的な方法

こんにちは!!!

メディカルビューティシャンの菅原颯(すがわらはやて)です(^^)

最近急に寒くなりましたよね…

そろそろコタツが恋しくなる季節になってきました笑

まあそんなことはどうでもいいんです。。。

季節の変わり目ということで


風邪ひきました……………














くしゃみ、鼻水が止まらない…

辛すぎる。。。。。

皆さんも風邪には気をつけてくださいね笑

ということで今日の本題へ

体調を崩す前にできる予防法と僕のような風邪の引きはじめにも効果のある方法を教えたいと思います笑

まず1番の方法として

免疫力を上げる

という方法があります。

免疫力は体温が1度上がると5倍にもなると言われています!

インフルエンザとかになると熱が出るのは免疫力を上げて菌を倒すためなんです(^^)

ちなみに体温が1度下がると20%ほど免疫力が下がってしまいます。なので日頃から体を温める意識をしていくといいでしょう。

あとは

水分を摂る

方法も効果的です。

寒くなると汗をあまりかかなくなるので水分不足になりがちです

さらに空気も乾燥し、喉の粘膜が少なくなり体に菌が入りやすい状態になってしまいます

なので喉が乾く前に水分を摂りましょう!

この二つをやるだけで風邪対策に結構な効果があると思いますよ(^^)

頑張るなら体調管理もしっかりとしましょうね(^^)

ということで僕も風邪早く治すために体を温めながら早く寝ますね。

早く治してもっと頑張るぞー!!

お酒を飲んだ次の日むくみが起こる理由

こんにちは(^^)

皆さんはお酒を飲んだりしますか?

飲み会楽しいですよね笑

僕もお酒自体は弱いんですが、飲み会の雰囲気はとても好きです笑

(飲みすぎるとマーライオン化しますw)

女性、男性もですがそんなお酒を飲んだ次の日心配になるのはむくみ(浮腫)ではないでしょうか。

目が腫れぼったくなったり顔が丸くなったりと何かと太ったような印象が付いてしまうのでなるべく避けたいと思う人は多いはず!

今日はむくみの起こる理由とその改善策を紹介して行きたいと思います!!!

  • 原因

むくみになる1番の原因は水分の摂り過ぎです。

水を飲みすぎることによって体が余分な水分の排泄が追いつかなることでむくみが起こります。

「あれ?でもお酒を飲んだらトイレ行きたくなるから水分は減るんじゃないの?」と思ったそこのあなた!!!

これにも実は理由があるんですよね(^^)

お酒を飲むとトイレが近くなるのは皆さん経験あるはず。















トイレが近い=水分がたくさん外にでる→体の中の水分量が少なくなる→体が水分を欲する→水を飲む→飲みすぎる→むくむ

経過はこんな感じです笑

あとお酒の席で外せないのはおつまみ

おつまみは味の濃いものつまり塩分が多く含まれている食べ物が多いです。

おつまみを食べることによって体の中に塩分が増えます。

↓↓↓↓↓

人の体は60%が水分なので体の水分が海水みたいになってきます。

↓↓↓↓↓

そうすると体は元の濃さに戻そうとする働きがあるので塩分を薄めようと水を飲ませようとします!

↓↓↓↓↓

それで水を飲んで体の中の水分量が増えるので結果むくみを引き起こしてしまうというわけです……………

  • 解消法

むくみを改善する良い方法としてはお風呂(湯船)に入って血行を良くすること!!!

水分量を調節しているのは腎臓で余分な水分は尿として排泄されます。

余分な水分はどこから腎臓に行くかというと、血管です。

動脈が臓器や組織に酸素と栄養を与え、その代わりに不要な老廃物や水分を受け取り静脈となり肝臓、腎臓で処理されます。

なら、体を流れる血液量が増えればより余分な水分が静脈に行き、最終的に尿から排泄されるのはお分かりのはずです(^^)

湯船にはいるのめんどくさいなという人は桶に40〜42度ぐらいの少し熱めのお湯をためて足湯をするといいですよ!!

これなら時間も手間のかからないので誰でもできると思います^ ^

いかがだったでしょうか?

  ちょっと長くなってしまったんですが、原因と対策について書かせていただきました!

よかったら試してみてはいかがでしょうか笑