カテゴリー別アーカイブ: 体

水道水に含まれる塩素が体に与える影響

みなさん水道水は飲んだり料理に使ったりしてますか?

最近では浄水器を使うのが当たり前な時代になってますよね!

でもなんで浄水器使ってるんですか?

よくわからずなんだか水道水は体に悪そうだからという理由で使ってませんか?笑

こんな言い方すると浄水器反対!と思われるかもしれませんが、むしろ大賛成派です笑

日本の水道水の多くは川から汲み上げられています。ヨーロッパなどでは地下水から汲み上げているので塩素が少ないのですが、日本は川の水で汚いので他の国より塩素濃度が高くなっています。

。そんな塩素ですが、濃いと肌を乾燥させるなど肌トラブルになることがあります。

これは肌の常在菌も殺菌してしまうので肌のバリア機能が衰えてしまうんです。

なので肌が弱い人、肌を綺麗にしたいと思ってる人は絶対浄水器使った方がいいですよ!

広告

風邪をひかないために&ひきはじめに効果的な方法

こんにちは!!!

メディカルビューティシャンの菅原颯(すがわらはやて)です(^^)

最近急に寒くなりましたよね…

そろそろコタツが恋しくなる季節になってきました笑

まあそんなことはどうでもいいんです。。。

季節の変わり目ということで


風邪ひきました……………














くしゃみ、鼻水が止まらない…

辛すぎる。。。。。

皆さんも風邪には気をつけてくださいね笑

ということで今日の本題へ

体調を崩す前にできる予防法と僕のような風邪の引きはじめにも効果のある方法を教えたいと思います笑

まず1番の方法として

免疫力を上げる

という方法があります。

免疫力は体温が1度上がると5倍にもなると言われています!

インフルエンザとかになると熱が出るのは免疫力を上げて菌を倒すためなんです(^^)

ちなみに体温が1度下がると20%ほど免疫力が下がってしまいます。なので日頃から体を温める意識をしていくといいでしょう。

あとは

水分を摂る

方法も効果的です。

寒くなると汗をあまりかかなくなるので水分不足になりがちです

さらに空気も乾燥し、喉の粘膜が少なくなり体に菌が入りやすい状態になってしまいます

なので喉が乾く前に水分を摂りましょう!

この二つをやるだけで風邪対策に結構な効果があると思いますよ(^^)

頑張るなら体調管理もしっかりとしましょうね(^^)

ということで僕も風邪早く治すために体を温めながら早く寝ますね。

早く治してもっと頑張るぞー!!

お酒の弱い人は二日酔いになりにくい!?

こんにちは!!

メディカルビューティシャンの菅原颯(すがわらはやて)です!!!

昨日友達とお酒を飲んでいたんですが、


僕はお酒があまり強くありません。

お酒の弱い人の特徴として顔が赤くなりますよね?

顔が赤くなるというのは肝臓がアルコールをアセトアルデヒドという物質に分解されます。

このアセトアルデヒドが顔を赤くする作用があるんです。

顔が赤くなる人はこのアセトアルデヒドが早く分解されるので顔が赤くなりやすいんです。

でも分解が早い分次の日にアルコールが残りにくいんですよね。

逆に赤くならない人は分解が遅いのでアルコールが回りにくいってメリットがあるんですが、分解されにくいのでアルコールが次の日まで残っちゃうんです。

なので2日酔いになってしまうんです。

僕はお酒が弱いので二日酔いにはなったことがないですね笑

これはある意味良かったのかもしれません笑

手、足がつる理由を医療従事者が説明します。

こんにちは!

メディカルビューティシャンの菅原颯(すがわらはやて)です!!!

今日は医療従事者っぽく手、足がつる理由について説明していこうと思います。

美容師の人はハサミを使うので手を酷使すると思います。それ以外にもスポーツをする人なども足がつったりした経験はあるはずです

でもそもそもなんで「つる」という現象が起きるんでしょうね…

まず「つる」とは

筋肉が意思とは関係なく、収縮したり痙攣することによって起きる反応




です。

その原因は3つあります。

  • 血行不良によって起こる

体は動脈によって体全体に血液と栄養素が送られています。

血行不良だと末梢(足の先)に血液が届きにくくなり、栄養素が不足します。

それによって特に足の指などがつりやすくなってしまいます。

  • 水分、ミネラル不足によって起こる

原因の多くは水分が不足し、体が脱水症状になるときに「つる」という現象が起きます。
さらに、普段飲む水分の中にはカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが入っているのですが、これらが筋肉の動きに関わっています。

それが不足することによって筋肉が意思とは関係なく収縮してつってしまうんです。

  • 運動により起こる

運動をすると、筋肉が疲労します。
また運動によって汗として体から水分とミネラルが出ていってしまいます。
よって、筋肉に必要なだけの水分、ミネラルが足りなくなり「つりやすく」なります。

以上が「つる」理由の3点になります(^^)

原因がわかれば予防もできる!

水分をこまめにとって体を温めることをするとつりにくくなるので試してみてください(^^)

薄毛予防始めました笑

こんにちは!

メディカルビューティシャンの菅原颯(すがわらはやて)です^ ^

えー、僕は今22歳ですが恐怖なことが1つあります。

それは、、、、、、

ハゲ










ハゲは遺伝が3割ぐらいと言いますが、親の生活習慣に似てしまうため子どももハゲやすくなってしまうというのはあります。

ちなみに僕の父親、母型の祖父、父型の祖父共にハゲているのである意味サラブレッドな訳ですwwwww

絶対にハゲたくない僕は最近薄毛対策始めました笑

ハゲを予防するためにノコギリヤシというものをサプリメントで飲み始めました。

ノコギリヤシとは

“北米からメキシコにかけて自生するヤシ科のハーブの一種で冬の初めには2~3cm程のオリーブ型の濃い赤色の果実が実ります。”

http://www.wcflcr2013.com/entry22.htmlより引用



なぜノコギリヤシという名前なのかというとこの画像のようにノコギリのような葉の形になっていることからこの名前が付いたそうです。

ノコギリヤシの効果は
5αリラクターゼという酵素の働きを抑制します。



この5αリラクターゼというのは男性ホルモンであるテストステロンをヒドロテストステロンに変換する働きがあるのですが、このヒドロテストステロンが髪の毛の周期を狂わせてしまうんです。

そのヒドロテストステロンを作らないために5aリラクターゼを抑制し薄毛を防止するというものです。

とにかくやってみないと効果は実感できないので効果がわかり次第報告していきたいと思います(^^)

ハゲ撲滅!!!!!


お酒を飲んだ次の日むくみが起こる理由

こんにちは(^^)

皆さんはお酒を飲んだりしますか?

飲み会楽しいですよね笑

僕もお酒自体は弱いんですが、飲み会の雰囲気はとても好きです笑

(飲みすぎるとマーライオン化しますw)

女性、男性もですがそんなお酒を飲んだ次の日心配になるのはむくみ(浮腫)ではないでしょうか。

目が腫れぼったくなったり顔が丸くなったりと何かと太ったような印象が付いてしまうのでなるべく避けたいと思う人は多いはず!

今日はむくみの起こる理由とその改善策を紹介して行きたいと思います!!!

  • 原因

むくみになる1番の原因は水分の摂り過ぎです。

水を飲みすぎることによって体が余分な水分の排泄が追いつかなることでむくみが起こります。

「あれ?でもお酒を飲んだらトイレ行きたくなるから水分は減るんじゃないの?」と思ったそこのあなた!!!

これにも実は理由があるんですよね(^^)

お酒を飲むとトイレが近くなるのは皆さん経験あるはず。















トイレが近い=水分がたくさん外にでる→体の中の水分量が少なくなる→体が水分を欲する→水を飲む→飲みすぎる→むくむ

経過はこんな感じです笑

あとお酒の席で外せないのはおつまみ

おつまみは味の濃いものつまり塩分が多く含まれている食べ物が多いです。

おつまみを食べることによって体の中に塩分が増えます。

↓↓↓↓↓

人の体は60%が水分なので体の水分が海水みたいになってきます。

↓↓↓↓↓

そうすると体は元の濃さに戻そうとする働きがあるので塩分を薄めようと水を飲ませようとします!

↓↓↓↓↓

それで水を飲んで体の中の水分量が増えるので結果むくみを引き起こしてしまうというわけです……………

  • 解消法

むくみを改善する良い方法としてはお風呂(湯船)に入って血行を良くすること!!!

水分量を調節しているのは腎臓で余分な水分は尿として排泄されます。

余分な水分はどこから腎臓に行くかというと、血管です。

動脈が臓器や組織に酸素と栄養を与え、その代わりに不要な老廃物や水分を受け取り静脈となり肝臓、腎臓で処理されます。

なら、体を流れる血液量が増えればより余分な水分が静脈に行き、最終的に尿から排泄されるのはお分かりのはずです(^^)

湯船にはいるのめんどくさいなという人は桶に40〜42度ぐらいの少し熱めのお湯をためて足湯をするといいですよ!!

これなら時間も手間のかからないので誰でもできると思います^ ^

いかがだったでしょうか?

  ちょっと長くなってしまったんですが、原因と対策について書かせていただきました!

よかったら試してみてはいかがでしょうか笑

ビタミンC直接肌に塗るのは控えましょう

こんにちは!!

最近スキンケアで流行っているものがあります。

ビタミンC







いまいろんな成分に配合されていますよね。

そんなビタミンC

実は直接肌に塗ると肌にあまりよくない成分なんです!!!

ビタミンCは抗酸化作用があり、サプリメントや食べ物から摂取すると抗酸化作用やメラニン生成を抑制するなどの働きがあるので体の内側からの効果が期待できます。

ですが、肌に直接塗る化粧水、乳液などはあまりオススメしません。

ビタミンCは刺激性が強く、肌に直接すると逆に肌への負担になってしまいます。

さらに化粧水などは肌の角質層までしか浸透しないのでそもそも効果がないと思います。

僕は医療の現場で血液の中にビタミンCを入れたりするのですが、勢いよく入れると患者さんから体の中がピリピリするという訴えをされることがあります。

それぐらい刺激性が強いんです。

もし肌を綺麗にしたいなら食べ物から摂取する方法がいいです。

なので化粧品の中にビタミンCが配合されているものは控えた方が良いかと思います。

もしよろしければ参考にしていただけたら嬉しいです(^^)