昼食を食べたあと眠くなる理由

こんばんは!

美容系医療学生の菅原颯です(^^)












みなさんはお昼ご飯食べてから急に眠くなったことありませんか?

僕はしょっちゅうです笑

でもなぜあんな眠気に襲われるか知っていますか?

今日はその理由を解説していきたいと思います!

まず一番の原因は血糖値の変化です。

午前中にエネルギーを使って補給するために昼食をとります。

ご飯を食べる前はエネルギーがないので血糖値は低めです。

ですがお昼ご飯を食べることで急激に血糖値が上がります











この血糖値の急な変化が眠気の原因です!!!

最近の人は朝ごはんも食べない人も多いので午前中はずっと血糖値が低いままです。

そこから一気に血糖値が上がるので余計に眠気に襲われてしまいます。

これが午後眠くなる理由です。

では今度は眠気をできるだけださない方法をお教えします(^^)

眠気を防ぐ方法は

血糖値の上がりにくい食事をする









まあそのままなんで「何を食べたらいいか」というのがみなさん知りたいですよね?笑

僕がお勧めするのは玄米おにぎり









あとは和食です。

これらの食事は日本人の体に合っているほか、血糖値の変化が少ないので眠くなりにくいです。

またお勧めなのがよく噛むこと










なぜよく噛むのが良いか

それは自律神経が関係しています。

人の体は食べ物を消化するときは副交感神経が優位に働きます。

この副交感神経がまた眠気に繋がってしまうんです…

そこでよく噛むことで少しでも消化しやすくし、副交感神経の働きを抑えることができます!

ということでいかがだったでしょうか!

午後眠くなると効率も悪くなってしまうと思うので気になった方一度試して見てください(^^)

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中