否定から受け入れられるように

こんばんは!

美容系医療学生の菅原颯です(^^)












今日は学生なら誰もが言ったことがあるまたは思ったことがあることについて書きたいと思います^ ^

学生、特に中学生、高校生

先生や親が勉強しなさいと言ってきたときなんて思いますか?

「うるさいなー」

「成績悪いのは教え方が悪いからだろ」

「こんな勉強いつ使うんだよ」


こんな風に思いますよね?

僕も昔、今もですが学校生活ではこれらのことをよく思っていたし、友達にも愚痴を言っていました。

しかし、最近考えが変わってきて「勉強しなさい」と言われるのは

「自分が勉強していないから」

「成績が悪いのは自分の勉強の仕方が悪いから」

「使わないと思う勉強もできないやつが働いたときにその勉強ができるわけない」




と思うようになりました。

少し前までの自分は否定しかしてきませんでしたが、年齢のせい?なのかそれともいろんなものに触れてきたからなのかわかりませんが徐々に受け入れられるようになってきました。

ただ否定するのではなくて今の状況を受け入れ、何が悪いのかを追求する。

これができるようになるだけで成長につながるんではないでしょうか。

ちなみに僕の弟は高校2年なのですが、言われたことに対して否定しかしていません。

そういうのを見ると何年か先に後悔してしまうのでは?と考えてしまいます笑

しかし、今そのことを伝えても本人にはなかなか伝わらないと思うので、自分で実感するのを待とうと思います笑

もしこの記事を読んで否定ばっかしているなーと思ったら、否定する前に一瞬考えるようにするといいかもしれません。

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中