SPF○○が高い方が紫外線が防げるは間違い!

こんばんは!

美容系医療学生の菅原颯です(^_^)










10月に入り、涼しくなると思いきや!!!

30度越えの日も度々ありますよね(^^;;

気温が上がると心配になるのが

紫外線

ですよね笑

紫外線はシミの原因になると言われていて、女性なんかは特に日差しを浴びないようにしてるかと思います。

紫外線を浴びないために使用する日焼け止めありますよね?

この日焼け止めのSPF50と表記されていたりしますよね!

このSPF○○というのは、、、

紫外線を防げる時間

を表しています!!!

意外と知らない人も多いと思いますがSPF○○が大きければ紫外線が防げるは間違いなんです。

SPF1→20〜25分のあいだ紫外線を防ぐという意味で

先ほどの画像は

SPF50なので

50×20=1000分

1000分=約16時間

紫外線を防ぐことができるというわけです。

実際16時間も太陽は出ていないのでSPF50も必要ないというわけです!

さらに汗などで日焼け止めはすぐ落ちてしまうので塗り直しが必要になります。

オススメはSPFの低いものを使用して長時間外にいる場合は、こまめに塗り直すなどが1番効果的です。

ぜひ参考にしてください(^_^)

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中