甘いものを食べた後に塩気が欲しくなる理由

こんばんは!

美容系医療学生の菅原颯です!








皆さんは甘いものは好きですか?

僕は結構好きです笑

お菓子もポテトチップスよりチョコレートとかケーキの方が好きだったりします(^^;;

甘いものが好きな人は感じたことがあるかもしれませんが、

甘いものを食べた後ってしょっぱいものを食べたくなりませんか?






実はこれには理由があるんです!!!

甘いものに含まれる砂糖細かく言うと白砂糖極陰性(体を冷やす)です。

白砂糖を含むものを食べて体が冷えます。そうすると体は体を温めようと陽性(体を温める)の食べ物を欲します。


陽性のものというのがなんです!

これでもうわかりましたよね?

陰性の甘いものを食べることによって温めようと陽性の塩分が欲しくなるというわけです笑

体の機能ってすごいですよね笑

ただここで「からだってすげー」で終わってはいけません。

体を冷やすものを食べて、さらに体を温めるものを食べるという体温の上下が激しくなると体にとって負担になってしまいます。

ですから、普段から体温の上下を少なくすることが大事になってきます。

基本的に体を冷やすということにメリットはありません。(例外もある)

体温が高ければ免疫力も上がる代謝も上がるといろいろ良い影響があるので僕は体を温めるということに重点をおいたほうがいいんじゃないかなと思います。

そのためにも甘いものを控えるようにするのが大事になるのではないでしょうか?

少しでも健康で居られるように少し体に気を使ってみましょう!

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中