台風でも通常通り出勤。日本と海外の違い

おはようございます!

今朝は台風が凄まじかったですね笑

僕も学校は休みになりましたが、ここで休んでいたら怠けてしまうと思い、学校へ向かいました。

通学中平然と出勤する社会人の人たち










「台風だから早く家を出なきゃ」「電車も混むだろうなー」なんて考えるのが日本人ではないでしょうか?

そんな人たちを見て疑問に思ったことが、、、、、

海外ではどういう対処するんだろう?









ということで調べました笑

コロンビア

台風は休みの合図。仕事にも学校にもいかない
メキシコ

台風が接近してきたら全国レベルで仕事、学校には行かない
アルゼンチン

もし出勤しろと言われても従業員は従わない。

嵐は立派な遅刻、欠勤理由になる。

中南米の意見が多くなってしまいましたが、海外では休みというのが基本になるんではないでしょうか?

しかし、社畜や奴隷などの酷い言葉を聞く一方、こんな意見も、、、、、

「日本では大きい被害が出た場合、次に備えて対策をしている」

「対策ができているからこそ出勤できるのでは?」

「災害にもかかわらず会社のために出勤するから経済大国になったのではないのか。」

などなど

おかしいという見方とは反対に今の日本があるのはこのような姿勢があるからではないか?
という結果が出ましたね笑

学生のうちは「台風で休みになれ!」「休みにならないのかよ」「連絡遅くない?」

と休みを期待しがちですが学生のうちから災害の時は早めに家を出るなど対策をできる人間になっておきたいですね。

それではみなさんお気をつけて!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中