夏に向けて痩せたい!or筋肉つけたい!という人へ

美容系医療学生の菅原颯です(^_^)

最近は30度を超えることもしばしば…

夏が近づいてきてるな!





と感じる毎日です笑

夏といえば!

  • プール

肌を露出する機会も増えるはずです。

特に夏は水着になる機会が多くなるので以下の悩みが出てくるのではないでしょうか?

女性の場合

お腹

二の腕

太もも



男性では

胸筋

腹筋

など上半身の筋肉

ここで!!!!!

夏本番になるまでの残り2ヶ月で体を変える方法を紹介します!

まず、痩せたい人と筋肉をつけたい人でしたほうが良い運動が異なるのでそれぞれについて説明していきます(^_^)




・痩せたい人へ


痩せたいの多くは脂肪を減らしたいと考える人が多いかと思います。

「痩せたかったら運動すれば良いんでしょ?」


確かに間違ってはいませんがむやみやたらに運動するだけでは効率が悪いです。





痩せたい場合は

有酸素運動

すると効率が上がります!

ここで運動の違いによる筋肉のつき方、脂肪の燃焼について説明していきましょう!

筋肉には速筋と遅筋というものがあり、速筋は無酸素運動で、遅筋は有酸素運動で筋肉がつきやすい性質があります。

さらに!!!

脂肪を燃焼させるには30分以上の運動が効果的

と医学的に証明されています!

ここでわかりやすく例を出してみましょう!
例)陸上選手
・短距離走


皆さんもこの選手はご存知ですよね?

ウサインボルト選手


短距離走=無酸素運動


ということで太い筋肉が発達しているのがわかります。

これが速筋です。

一方!

・長距離走


高橋尚子選手


これを見ると足、腕が極端に細く全体的にも細いことがわかります。

長距離走=有酸素運動


ということで脂肪が少なく筋肉も外見からはそんなに大きくはありません。

長距離走の選手につく筋肉が遅筋です。

長距離は30分以上の運動をすることが普通なので脂肪が燃焼しやすく、長距離走の選手はみな細い体型になります。

これを踏まえて

痩せたい人は
有酸素運動をして脂肪を燃焼させちゃいましょう!

・筋肉をつけたい人


先ほどほとんど説明してしまったんですが、筋肉をつけたければ

無酸素運動

が効果的です!!!!

ボルト選手の画像を見ればお分かりになると思いますが筋肉が太く大きいのがわかります。

つまり!




速筋を鍛えれば見栄えの良いがっしりとした体型に見えるんです(^_^)

いかがだったでしょうか?

夏に向けて皆さんもモテボディを手に入れちゃいましょう!!!!!

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中