奨学金返済困難者

どうも美容系医療学生の菅原颯です。

昨日ニュースで奨学金について報道されていました。

現在奨学金をかりたのに返せない事例が増えているそうです。

大学生の僕にも関係している話なので思わず見入ってしまいました。

僕も奨学金をかりて学校へ通っています。

学費全額ではないですが4年間でだいたい260万弱ほど借りています。

幸いなことに利子なしを借りることができたので260万弱をそのまま返せばいいわけなんですが返済し終わるのが40歳近いそう。

大学生が終わりかけている今、なおさら返済の現実に直面しています。

まず奨学金の返済義務がある国が珍しく、チリと日本ぐらいだそうです。

北ヨーロッパなどでは返済義務のない給付型の奨学金制度があり、若者に重荷になることはないとのこと。

こういうのをみると返済するの気も無くなってきますよね笑

あと僕自身感じる日本の奨学金制度の問題点があります。

お金を借りる意識がない。


これが一番の問題点だと思います。

まだ18歳の子供が学費のためとはいえ、安易に奨学金を借り、返さなければいけないという義務感があまりないまま借りてしまう。

そんな意識が今の返済困難者の増加の要因になっているのではないでしょうか?

これから大学、専門学校へ進学予定で奨学金を借りる方は十分に返済義務の意識を持って借りることをお勧めします。

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中