勉強の仕方

どうも美容系医療学生の菅原颯です(^○^)

いまこんな本を読んでいます。

これを読んでいて思うのがただ覚えるだけではなくて理論的になぜそうなるのか、どんな原理があってそうなるのかが大事であるとありました。

確かにそうですね。

理論的に覚えたものはなかなか忘れませんし、説明もしやすい。

あとはただ覚えるだけで答えだけわかっていてもまるで意味がない。

正直答えなどはどうでもよくて答えを出す過程が1番大事ということ。

自分にはどんな知識、技術が必要で相手はどんなものを求めているのか。その求めているものに応えるにはどんな努力をすればいいのか。

そんなことを考えさせられる本でした。

それでは( ´ ▽ ` )ノ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中